クロネコ単身引越し

クロネコ単身引越しを使用した感想

 

 

クロネコ単身引越しの良かった点は、低価格で遠方まで引っ越しができたところです。

 

また、1BOX内に詰め込めるだけ詰め込むことができ、入らない場合は、別料金となります。

 

悪かった点は、引越しの荷物を入れる時間指定が曖昧で10時なら10時と指定ができなかったので昼前まで待っていた。

 

また、現地に到着する時間も曖昧で12〜15時と時間の幅が大きいため、電話連絡があるまで時間が曖昧でした。

 

また、時間が過ぎているにもかかわらず、一行に業者から連絡もなくこちらから連絡しました。

 

担当の方は、謝罪されましたが時間過ぎて一切連絡がなかったのでその対応にはこちらも困りました。

 

営業所も17時になったら閉まるので直接ドライバーの方の電話を教えてもらいました。

 

 

引越武勇伝

 

大学3年生になる前の2月 。

 

私は引っ越しをすることとなった 。

 

引っ越しと言っても最寄り駅は同じ所で、歩いて行っても20分程のところである 。

 

引っ越しとはお金がかかるものだ、さらに大学生とは何故かいつもお金を持っていない 。

 

そんな私も例に漏れずお金がなかった 。

 

引越し業者を頼むお金が無いわけではない 。

 

しかし、大学生とは何故かいつもお酒を飲みたがる 。

 

そして、そんな私も例に漏れずお酒が大好きであった 。

 

そんな私が出した結論は自分で引越しをすることである 。

 

当時、私は車どころか免許も持っておらずレンタカーも使えない 。

 

全ての家電製品や家具を手持ちで運んでいったのである 。

 

その時に一緒に手伝ってくれた友人には本当に感謝である 。

 

ベッド、冷蔵庫などを運んでいくのだが周りの目は痛かった 。

 

最初にベッドを運んでいるときは何故引越し業者を頼まなかったのかと後悔を口にしていた 。

 

しかし作業が進むうちにどうであろうか 。

 

私の中に沸々と湧き上がるこの爽快感は 。

 

前の家から物がどんどんと無くなっていき、まさに掃除をしているような気分である 。

 

終わってみればそれは気持ちの良いものであり、大学生の欲しがる武勇伝も手に入った 。

 

その夜、友人と飲みに行った 。

 

引越し業者を頼まずに浮いたお金で友人の分もお金を出す 。

 

1つの仕事終わりに苦楽を共にした友人と武勇伝のように引っ越しを語る 。

 

あの夜のお酒は美味しく忘れられない 。

 

たかが引っ越し、されど引っ越し 。

 

私にとっては武勇伝である 。

 

 

引越しコストを抑えるコツ

 

引越しで、できるだけコストを押さえたいのであれば、段ボールやガムテープといった資材は自分で用意したほうがコスト削減になります。

 

業者によっては、申し込みの時に勝手に段ボール大10枚小10枚とガムテープ1つを入れられてしまうので、必要か不必要かは申し込みの段階で言った方がいいと思います。

 

また、保険をかけるかどうかも聞いてきますが、保険は1000円以内であれば掛けておいたほうがいいと思います。

 

TVやレコーダーなどの機械は故障してしまったら大損です。

 

段ボールに物を詰め込む際もできるだけ隙間なくつめることをこころがけたら上手くいきます。

 

本類は段ボールに詰め込むととにかく重いので紙ひもなんかでまとめておくと運ぶときには親切だと思います。

 

もっと大幅にコストダウンできる裏ワザはこちら

 

クロネコヤマト引っ越し.net